ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

最近、妹のことをストーカーしてます。

 
 ……勘違いしないで下さいね? pixivで、です(多分に誤解されること言ったろうに)

 続きからは、絵やらなんやらで思う事をつらつらと。ギャグ成分は控え目(当社比)です。……と言いつつ、ネタがあったらばノリツッコミをしているという。O型ってのはそういう性分らしいのですが、どうなんでしょう?

 静を描いてみたら、なんだか一ヵ月程前に描いていた時より若返りました。オメメクリクリ。目つきが悪い人物を参考にしたいと思えど、有名な作品でそんなキャラって、皆さんはどんなものを思い浮かべますか? ……単に、瞳が大きすぎるのがいけないのだろうか。
.
.
.

 絵を描きたい。しかも欲深くその技術を向上させたい。と思ったら、ずっとノートに落書きするってのじゃダメだ。と感じたのが去年暮れ。ローカルに一人ノートに描くって言うのは、一人遊びだけに飽きたらすぐに放り投げられます。好きに顔だけ、上半身だけ、って描いても、描き手が終わらせようと思えばそこで終わらせられます。その後にゴミ箱へ打ち捨てても、誰も何も言わない訳で。でも、それじゃ全然上達なんてする訳がないんですよね。描いて練習をしなければ、苦手な下半身は苦手なままです……。
 んで。こういう時にも、インターネットというのは便利だなぁ。と思うのですよ。お互いに顔を合わせる事はなくとも、H.Nを固定するだけで一個人と言う自覚が出ます。すると「ムシクイは絵が下手」とか思われるのが嫌になって来るんですよね。ムシクイって言うのはつまり、インターネット上の私ですから。だから、自分の描いた絵を公開するときには、自然と一枚の「絵」として完成……少なくとも、全体的に自分の限界までは描こうとする訳です。苦手な脚も「描かなければいけない」となれば、描かない訳にはいきません。そしてそうなると、俄然頑張らなければ! と思うのです。ネットに公開して、恥ずかしくない程度に――って、滅茶苦茶恥ずかしいんですけどね。だからこそ恥ずかしくないように精進する気になるのです。気合いだ!(って言えば何とかなる訳でもない)
 それで、妹の絵なんですけども。以前ここに書き込んだように、上手いんですよこれがまた。誰に教わった訳でもないだろうに、「絵師」と呼ばれていても遜色ないレベルなんです(というのは妹馬鹿なのだろうか……)
 妹とは年子ではないのですが、だからこそ悔しいです。でも、彼女は私が物心ついた時からすでに描き始めていたのです。好きな時に好きなものを描いて……。本当に絵を描くのが好きだったのでしょうね。描(えが)くことに費やした時間では、家族の誰にも敵う人なんていないだろうなぁ、と分かるからこそ、納得できてしまうんですね。逆に、「こんな絵を描くために、どれだけの修練を積んだんだ」と思わされます。
 pixivに足を運んでいても同じです。ランキングに入っていたり、綺麗だったり、心を動かされる絵と出会う度、この方達はどれだけ時間を費やしたんだろう……。と思いながら見たりします。きっと、想像もできないくらい長く真剣に描いてきた結果なんだろうな、と。でも、その方達にそうさせてきたモノはなにかっていうのは、やはり「好き」だっていう気持ちだと思うんですよね。「絵を描くのが好き」だから自然と筆が進むし、上達していく。あのレベルに到達するには、絶対に数え切れないほどのスランプや挫折も経験されたと思うのですが、それでもまだ描いていらっしゃるのは「好きだから」。だからまた戻ってきて、描いている。そう思うのです。
 私が絵を描くことが好きだと自覚したのは、去年の暮でした。鈍感ですね(笑) なので、スランプや挫折にはまだブツかっておりません。だからこんな事を考えられるのかもしれませんが、好きで好きで描いて行って、それで上達できたら一石二鳥ですよね。それでさらに描くことが好きになったら……。そしたらさらに嬉しいです。その為ならば……pixivを利用させていただ(ry ……グフッ!(吐血) 分かってます。分かってますよ。そんなことおこがましいって。でも、沢山の絵師さんの波に飲まれて揉まれて、「クッソー!」と嫉妬したり「バ、馬鹿な……!」と打ちひしがれる様な絵に出会って、それで「私もいつかは!」と〝勝手にライバル心(今思いついた)〟を燃やして競争するような気持で精進……しても、怒られません……よね?(小心者)
 そんなこんなで、チキンな楽天家(野球チームでなし)は楽天家らしく、チッコイ野心を秘めながら一年過ごしたいと思います。文章でも。来年になったら……「下手な」自分を見て笑っていられたら良いいなー、と思います。とりあえず歩こう、そうしよう。見てる方向が北でも南でも西でも東でも、時に前後左右が逆になっても、「進んでいる」事には間違いないのです。そう思い込んでいきます。人生、どれだけプラス思考出来るかだ!……って、私はそう思うのですけれども(弱)
スポンサーサイト

Comment


    




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。