ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

金曜倶楽部じゃないよ。

 
 ベンザイテンさんのザイの字は、「才」がいいなぁと思うムシクイです。
 つーのもおいらは、「持って生まれたなにかを生かして生きてる人に憧れてその人を目指してみたところで、いいとこ劣化コピーになるだけだ」って考えを持ってたり。
 それから、自分だって周りが逆立ちしたって持ちえないなにかを持ってるんだぜ羨ましかろう皆の衆ふはははは! って思っていたり。
 そのなにかがなにかってーのは、あいにくこれから探すところなんですけどねははは。

 なんであれ人がもちえないもんを持ってる人はカッコイイっすよ。めっちゃくちゃカッコイイ。そんな価値観。

 天才と呼ばれる人とそーでない人とを分かつのが持ってる物を生かせているか否か(≠発現できているか否か。できてない奴は才能がないように見える)って思うんです。そんな人間からしたら、自分の才を生かせるように導いてくれようかみさんほどありがてぇもんはないわけで。

 でも豊饒を司る稲荷神社に祭られてるベンザイテンさんは、やっぱり財の字をあてるべきなんだらうなぁという一考察。

 ちなみに才能云々ってぇのは結構前からムシクイが持ってる考え方の中でも大きなウェイトをしめていて、中二の時分に中二のセンスで考えたその名も「ぼくのかんがえたさいきょうのこどものなまえ」は「イツキ」でした。
 ちなみに漢字は、「一極」と書きます。なんであれなにか一つのことを極めりゃさいきょーじゃん的な。
 当時は、男女共に名付けられるし完璧な名だと思ってました。わりとほんきで。
 はっずかしー(しみじみ)

 もし小説に出すとしたら双子の兄十極を出すね。ブログを読んでくれてる人に極め兄弟の名の由来は才能云々と思わせておきながら電気的な属性を持たせてざーんねん!プラマイ兄弟でしたと驚かせるね。
 いたねなんかそんなん009に。
スポンサーサイト

Comment


    




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。