ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

酒のつまみじゃないですが。

 
 ビーフジャーキーと、カシューナッツ、食ってます。
 ナッツは初めて口にしたけれど、うむ。普通だ。食感やら風味やら共に、嫌いになるでも、好きになるでもなく。けれどもやっぱり、というか、一味足りないなぁ、と思っていたら。そういえばジャーキーはしょっぱいな、と思っていた訳で。
 一緒に食ってみたら、なんだか丁度良い感じだった、みたいな。
 なんだろうなこの内容。とりあえずは、多分、ムシクイがそんな感じなのでしょう。いつも言っている事が良く分からぬ人種であれど。
 祖国とナトリウムなんて曲を見つけたのですが、あんな風に塩をかっ食らいたいなぁ、とは思いつつ。でもそれで塩分取りすぎ高血圧コースは嫌なのです、みたいな。
 ……焼き魚食いたいな。噛んだ途端に、皮にまぶした塩がジャリッていう感じの。はっはっは。
 私がなにかをする時、また講じる対処法は、どっかしらズレている、と言われる事はままあります。その時はえー、と思うのですが、後から振り返ってみると、あぁ、成程、とか思ったりね。理論派なのか感覚派なのか。



 ここ最近は化物語を読んでいて、やっとこさ上巻を読み終わりました。数日前に予約はしていたのですが、届いたという報せがないという事はつまり……ふっ。少なくとも、図書室が開く水曜まではお預けパターンの様です。百鬼夜行シリーズというサイズ(なんだサイズて)を知ってしまっている身としては、そこに何が入るのだろう、という。アニメでやったアレが入るのか、でもそれじゃあ尺が余らん?……なんて考えつつ、調べる気はさらさらないっていう。
 そんなこんなで、以下より感想です。ネタバレの配慮はしておりませんので、お気を付け下さい。
 化物語はアニメも観ていたのですが、自分の知る限りにおいては、……こちらの原作は殆ど読んだ事がないと言っても過言ではないのですが、ハルヒに似たタイプのアニメだったんだな、なんて思ったり。台詞回しだったり、主人公視点で進む所だったり。要するに原作通りなんですな、どっちも。
 だからなんだろう……。展開は殆どアニメで描かれていたので、あんまし新しく分かった事はなかったような。そりゃ、なかったとも言えないけれど、やっぱり原作通りのアニメだったらしく、忠実だったので。アニメを観てしまってから読んだ者の感想としては、ある種こっちは回想録みたいな。読みながらアニメの映像を思い浮かべて、あぁ、こんな事もあったな、と思い出す為のアルバムみたいな。だから新鮮さからくる面白さはなくとも、別段つまらないという事もなく。
 人を選ぶ文体・雰囲気だとお聞きしていて、ある意味それが自分の肌に合うか、と思った故に読み進めた1冊でもあったのですが、特に癖がある様にだったりマイナス方面に思える部分はなかった印象でした。この分なら、シリーズ通して楽しめるかも。それこそ、お試し版という具合だった今回。下巻に掲載されているのはどんな話かは分かりませんが、それこそ委員長さんだったり、阿良々木君だったり、知りたいお話はまだまだある訳で。
 ……特に阿良々木君。彼は怪奇になにも願っていない、とは作中に出てきましたけれども、何を失い何を諦めたのか、そういう事柄に敏感だった彼もまた、何かを失い何かを諦めたんだろうな。――と、いう風な。
 おのれ図書室(ギリリ)
スポンサーサイト

Comment


    




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。