ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ペルソナァ!

 
 ここ最近、ずっとプレイしていたペルソナですが。本日、一応は、3と4をクリアする事が出来ました。やるのが遅いって? ふははっ。出会うのが、というか知るのが、というか、それが遅かっただけなのですよ。

 基本的には短気な性分故、RPGなんかの経験値を貯めないと~とか、1ターンに自分・次に敵、みたいに型にハマったタイプのゲームは好まず、アクションゲームやら格ゲーばっかりしている奴なんですが。上手い事弱点付けばもう1度攻撃+仲間で一斉攻撃大ダメージ、みたいなシステムはテンポが良かったりなんだりで、戦闘にも結構時間を割くのが苦ではなかった印象です。
 エンカウント形式で、ペルソナっていうモンスター(と、いうのが分かりやすそう)を召喚して戦うのですが、そのペルソナはコミュニティというかサブストーリー的な物を楽しんでいる分レベルアップして強くなったりするという。ズボラな奴には結構嬉しい感じなこの形式。

 ……なんだかんだで長くなりそうだ(笑)
 なので以下より、ストーリーにも触れつつの感想です。
 両方やってみて、どっちが好きか、と言われれば4かも。3は第一印象というか犬が出る! ってだけでこっちのが好きに決まってるだろ! と決めてかかっていたのですが、4の方が基本的に明るいですよね。最後も暖かかったなぁ。
 3ではテレッテに食ってかかられる度にチキンハートがビクビクし(あーいうのは本当に心臓に悪い(笑)、4ではどうやったらジュネスを支えてやれたもんだかと考えつつ。魔術師はどっちも、「相棒」と呼ぶにふさわしい良い奴だったなぁ。
 3では正義の千尋さんコミュをMAXにしていたので、アレにはとても感動しました。お、おぉぉぉ! 成長したな千尋さん! 手、とりあえず手ぇ握らしてくれ! ――てな事がどーしてできないんすか!(問われても) 相手は番長軍団の事はまったく知らなくとも、プレイヤーである私は彼女の事を知っとる訳で。なんつーか、知られていないのは寂しかったけど、会う事ができたのは嬉しかったです。あ、あぁぁぁぁ。口説きてえ! けど出来ねえ!(蹴) 天田少年はまだ寮で暮らしてるのかなぁ、なんて事を思ったりも。
 4が楽しみ過ぎて3は後日談どころか2週目もやっとらんのですが、やろうかなぁ。コミュMAXにできんかった人達が沢山おるんや。ストーリーに沿って、というのは抜きにすると、「魔術師」「皇帝」「法王」「恋愛」「戦車」「隠者」「正義」「刑死者」「節制」「悪魔」「月」は最後まで行けました。けれど「塔」には会う事すらできんくて、えぇー、みたいな。
 対して4は、「魔術師」「女教皇」「皇帝」「法王」「戦車」「剛毅」「悪魔」「星」だけ、という。……あれ? 4は疲れてしまう、という事が基本的になく。レベル上げと武器装備を整えて、と2日くらいでダンジョン・ボス攻略をしていた分日数的には余裕があった筈、の様に思うのですが……手広くやりすぎた、の、かな。あはははは。 菜々子ちゃんも上げたかったけど伝達力が足りなくてッ!(血涙) キツネさんは、惜しくもランク9でした。……むふう。

 3は「自分が」ひいては「自分達」がという義務感と、それに伴う「やらねば」という想いと、それに対して誰にもなにも言って貰えない、というどこか理不尽さを感じつつ……だったけれども。4は「皆で大好きなこの町を護るんだ」。「皆で謎を解くんだ」という連帯感を感じたというのが、4が好き、と思える理由かもしれないです。4は仲間
と言っても友達で、3は仲間と言ったら任務遂行のメンバー、みたいな。田舎故に街の中バラバラに住んでいてもなんだかんだで集まって遊んでたりするけれど、都会の寮で皆住みつつも自由時間は結構別行動だとか、同じペルソナでも印象が違いますね。
 ……3のニュクスは軽くトラウマだぞこのやろー(笑) なにあれ。なによあれ。心折れたわ! イージーだったのに折れたわ! 他にも途中リタイアしてしまう方が……出たり、ゴニョゴニョがあったり、最後の主人公だったり、ちょっと、というか、全体的に暗い……暗いか。女性主人公を動かせるってーだけでなく、あの人が最後まで……! というのをお聞きして、P3Pも気になってみたりして、おります――が、問題はPSP持ってないという(苦笑) しかし4でも出ちゃうのなら……買ってしまうかもPSP……!(何度目だ)
 4はね、とりあえず菜々子ちゃーん! ですよ。あれですよ。もう……ね。ぐすっ。うぐぐぐぐ……。
 それからクマも。心配させやがってこのやろー! ですよ。おまっ、お前。人がどんだけ心配したと思って……!? 普段明るく元気なクマが見せる影を、普段通りの調子の良さで笑わせてやれる陽介っていう組み合わせが大好きでした。あーもー。大好きだお前等! 冗談言う順平に突っ込んでくれないゆかりっちみたいんでなくて、仲良く夫婦漫才を繰り広げる陽介と千枝ちゃんっていうコンビも大好きだ。あと完二とかな、お前本当は後輩じゃねえだろ(笑) 直斗君が時々見せる弱さに喝を入れる所を見るに、こいつら良い先輩後輩コンビだよな、と思ってしまうのです。りせちゃんとかもなー。あーいう直球な所は個人的に苦手だけれども、MAXまで至れなかった範囲でのコミュを見るに、アイドルとして……というか、番長に喜んでもらえる私になろうとした結果があんなキャラクターなのかな、とか思ったりなんだり。なんというか、彼女の涙は1番純真に見える……のは、あれ? 私だけ?
 最初の方の鼻眼鏡とか、そーいう下らない部分も含めて、私は4の方が好きだなぁ。
 けれども3の、ストーリーに合わせてメンバー達が自分で道を見つけてその道を歩んで行く様・それに合わせてペルソナ覚醒、という流れも好きなのです。真田先輩とか天田君とか、順平もゆかりさんも桐条先輩も風花さんもアイギスも、みんな格好良かったっす。4は皆番長が関わる訳で、そーいう意味でどこかおれ(プレイヤー)が覚醒させてやるんだぜ、みたいな所があるけれども。

 以上。3の後日談はちらっとやったもののまずシャドウの強さに停滞し(苦笑)、エリザベスと戦えるらしい、とは噂に聞きつつも手出しはしておらず、4もトゥルーエンドに向けてよっしゃー! とやってみたらば――なんぞこれぇ!? となっている現在でした。後日談・エリザベス・4トゥルー共にクリアできたらまたこの記事に追記するかもしれません。……しないかもしれません。

 が、とりあえずはまぁ。

 次にPS2を起動する時は4二週目だ!(3は


■2/27追記
 トゥルーエンド、クリアする事ができました。
 なんつーかもうね、色々キタローの時の事思い出したりとかしてね。戦闘曲もスゲエ良かったし……なんでこんなもんあんな分かり難いとこに隠すねーん! お、教えてもらえなかったら一生たどり着けなかった自身があるぞおいら。この、アトラスめ! 難い演出しやがって! つーか見つけられなかったら手間かけただけ無駄になるじゃーん! 何考えてるのアトラス。
 本当の終わりを迎えてからのエンディングには、キャラ達に新しい台詞が加わっていたりいてそこも楽しめました。つーかもうなぁ……なんやあれ。ぐすっ。2週目は是非とも全コミュMAXにして臨みたいなぁ。できるかな。
 現在はペルソナを布教して頂いた教主様にそそのかされて、3の後日談をやっている次第です。……早速心折れ(ry)
 3をイージーでクリアした者にとってはちょいと手厳しい所があれど、勘は取り戻しつつあるので、なんたらかんたら。その他教主様にはエリザベスやらマーガレットやらの事も教わっちゃってこれ……これ……。教主様この野郎!(※褒め言葉です)
 少なくとも2011年になったら2週目やるんだ! とか言おうと思ったらば、もう来年なんですね。完全地デジ化までも後1年かぁ。
スポンサーサイト

Comment


    




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。