ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ハンド13話

 
タイトルはむしろ、「逃げる」でも良かったかもしれない。
そんな13話でした。

脅威には立ち向かい、自ら突っ込んで行く。
そんな王道キャラが主人公ならばうまくまとまるのでしょうが、
危険に遭遇したとき、まず一歩引いて考えてしまう。萎縮してしまうのが泰祐なので。

そんな泰祐は弄ると楽しいのですが、
一歩を踏み出させる時には扱いづらいです。うぐぐ・・・。
(実際、半泣きさせながら突っ込ませている時はとても楽しかっ ry)

因みに。
あまり表立って・・・いますかね?
泰祐は「賢いフリするツッコミ属性(時々計算・天然ボケ)」
ラックは「馬鹿丸出しのボケ属性(時々反射ツッコミ)」
なイメージで書いてます。
そんな奴等として1話を潰してみたいと思えど、今はその時ではないですね(苦笑)
(まずは進めなくては、陽菜のイラストも公開できないw←問題はそこか)



続きからはぶっちゃけた裏話。
ご覧になった方の「今後のハンド予想能力」を
悪戯に弄ぶ可能性がありますが、よろしければどうぞ(何)



実は、

ハンドを考え始めた当初、グリズモンのポジションにいたのはレオモンでした。

と言ったら、皆さんは素敵な予想をして下さるのでしょうか(笑)
紆余曲折を経て変更となった訳ですが、ネタばれになるので今は語りません。
その経緯は・・・一段落しましたら、またこのような形でご紹介したいと思います。
ので、それまでは「こいつ、前任はレオモンだったんだよな」なんて事を頭の隅に置きながら、
ドキドキハラハラすれば良いんじゃないかなっ!(性格悪)

参考までに。
レオモンを採用しようとした最大の理由は「性格」で、
フラグの為に選んだ訳ではありません(そうだったら余計性格悪いわっ)

と ここまでつらつら語りましたが、それと今後の展開は別問題な訳で。

・・・この話。ミスリードと取るか否かは、貴方次第です(良い笑顔)
スポンサーサイト

Comment


    




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。