ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ハンド14話

 
 投稿完了。と言う訳で、作者側の感想的な心情記録です。後々こんな事考えていたのか、自分。なんて思いだすのもまた一興。みたいなノリで(笑)精々気恥しさに七転八倒するがいいさ!(←未来の自分へ)




 今回は本当に時間がかかりました。ログを漁ったところ、前回13話投稿は11月9日・・・。キーとなる泰祐をどう動かしたいのか、自分自身見失ってしまったのを感じながら進めました。勇んで戦いの場に・・・とは思えど、やっぱり理由がなければ近づいてくれないんですな。気難しい主人公です。

 言葉で確認が出来ないと嫌らしいので、ラックに決意させるだけのセリフをしゃべってもらったつもりです。私の中のイメージでは、「焔」で泰祐が知らずのうちに渡した決心を、ここでラックから泰祐に返した。みたいな感じ。泰祐をもっと熱く描きたい。けど、まだ我慢すべき。などと、バランスが難しかった回でもあります。

 終盤はいつの間にかラックが手を差し出していて、しまった!と思ったら泰祐は自然に拒否ってました。ここでついうっかり契約しちゃえばいいんじゃない?なんて事も考えましたが、泰祐がデレるのはまだ先みたいなんだぜ!と言う訳で、もうしばらくはお預けなんだぜ、カメイ(笑)

 次回以降からは、色々と話を切り替えて行く予定です。私としては、ようやくまどろっこしさを感じない話を書けるんじゃないかなぁ。とか、いや、やっぱりまどろっこしくなってしまうのか?と、ある意味未知数。イキの良いキャラはおらんか~(ナマハゲ的なノリで)

 陽菜。
 ・・・ようやっと衣装が決まりました(遅)
 あまりにもオナゴを感じさせない感じになりましたが、オナゴです。ついうっかりネタばれ的な画像になってしまったので、一段落したらまた場所をお借りして公開させて頂こうと考えています(まだ待たせるか)・・・そ、その分、泰祐の時より画力が・・・上がっていればいい、なぁ・・・。質より量!で、初期設定をこっちに上げたりしたら需要はあるかしら?(さすがによそ様の処で連投は抵抗がある;)


スポンサーサイト

Comment


    




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。