ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ハンド19話。

 
 構想・ネタ等だけならば確か、6話「ホムラ」辺りに纏まったものでした。――どんだけ静書きたかったんでしょうね、自分(笑)

 と、言う訳で。今回も恒例のネタバレでございます。
 最初の派生話は、前回に入れようとしてどうしても形にならなかったものです。しかし一度投稿してしまって、「終わった」と思った次の日にはすんなり書かせてくれたとか。――グラはとことんツンデレらしいです。このフタリは「歩み寄り」をテーマにしているところもあるので、それを描いて行ければと思っていたりいなかったり。

 16話から3話が陽菜を掘り下げる話ならば、今回は静を描くお話です。個人的には静が一番好きなキャラなんですが、それでも陽菜の方が話数が多いのは……グラについても掘り下げたからですね。今回は静1人がメインですっきりとした話である分、コンパクトにできた感じです。
 一番最初に浮かんだタイトルが「静」であるほど、ここでは静の活躍しかありません。構図も、静VSアルマジモンと至ってシンプル。食糧難に陥る静やら戦闘シーンでの思考やら、彼が好きなものを原動力としているキャラというのを分かって頂ければ成功です。恐らく、物語で一番素直なのは静でしょうねぇ。隠さない分、他2人も呆れながら認めているイメージがあります。
 都合のいい進化なんて! 私の中のどこかにそんな考えがあるのかは知りませんが、泰祐VSグリズモンの時と同様に進化なし。しかも静が生身で勝利という展開。陽菜は成熟期で完全体を打ち破るし、泰祐からしたら大量出血ショック死間近のインフレ状態です。主人公なのに早速力配分が……!
 ここからどうなるかは、お楽しみです。……主に私にとっても(笑) ラックとはどうすればいいのか、未だに決まらない――ような決まっているような。プロットはきちんと作ってから。それを痛感している今日この頃です。


 えっと、次回! 一旦纏め、状況整理です。自分の中だけでは決まっている、何と何がどーで、これとそれがあーで、という物事を繋げる予定です。ここからやっと物語が動きだ――すのか、出さないのか。スタートラインと銘打ったのが「ラック(仮名)」が生まれた12話なら、こっちはピストルの引き金に……指をかけられれば良いところ。って、例によってまだあまり決まっていません。キャラがどう動くか、それに身を任せる所存(そんなんだから)
 色々と説明を挟むかもしれないので、読者の方にとっても書き手にとっても少しばかり退屈になってしまうかもしれません(苦笑) 頭の中にあるものを整理してみたら、思いのほか文章量が多かったり。――まとめ切れるのか!?
スポンサーサイト

Comment


    




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。