ケイサンブログ

デジモン好きなムシがお送りする、デジモンだったり違ったりな徒然日記。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

人間やめます。

 
 オレはニンゲンをやめるぞタイスケー!
 いや、君はデジモンだから。ガブモンだから。
スポンサーサイト
 

オドロキ

 
 とあるパン屋さんで「アンドーナツ下さい」と言ったら「小倉アンパン」が出てきたムシクイです。――餡子しかあってないよ!?
 でもいいんです、餡子的なモノを食べたかったんだから。

 …………粒餡、か(目に汗)
 あ、でも胡麻ウメーw

 そして28日は逆転検事の発売日。楽しみにしていたシリーズモノが再出発、と言えばいいのでしょうか。しかし買うことはできないので、今は我慢しています(目尻に光るものが)
 ウハw 逆転4オモロイやんかwww

 そして最近のドラマ。名探偵の掟やミスターブレインもすきですが、私が今のところ一番熱いのはBOSSだったり。ミステリーってやっぱり好きです。更に言うなら強い女性が引っ張るチームっていいっすよね! よね!?(問われても)
 しかしいつもの様に名前は覚えられていないので、チームのメンバーの方々は心中であだ名を作って呼んでいたりします(笑)
 天海さんに温水さん。それから関西さんに、デキる人。カリントウ娘部下その1
 さあさあさあっ、誰がどれだか当ててみよう!(無茶ぶり
 因みにカリントウ娘さんの元ネタは逆転裁判です。そんな科学捜査な娘さんがいるんです(さくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさくさく)

 そんな馬鹿をやっているうちに、湯浅さんからバトンを頂いておりました。ありがとうございました! ちと長いので、読まれる方は続きからどうぞ!
 

のんびりゆっくり。

 
 デジモンウェブの掲示板に作品を投稿される際は、最後にNEXTについての告知文を載せるようにして下さい。詳しくは下の記事へ。
 私は……ま、まだまだ掛かりそうです。
 フェンネルを読みまくっているので、文体ががらりと変わる予感。


 そして皆さん! 「プレ・ジャム!」企画、漢字一字お題〝絆〟は15日が締め切りですぜ!
 が、ががが頑張ります、とだけ。っしゃ! 気合入れてこ!


 SADDOさんにバトンを回して頂きました。ありがとうございます!
 興味のある方は、続きからどうぞ。
 

だらり。

 
 チャット、試験的に絵も描けるモノを設置いたしました。ご利用の方はリンクからどうぞ! 長らくお待たせしました。不都合があるようならば、ただお話だけが出来るものに変えようかと思っております。
 ムシクイは今週末の21時~ が一番出没率が高いです。もしはち合わせなどされてしまった方は、お付き合い下さると喜びます(笑)


 ハンド。
 収拾つかなくなってディフェンス陣に助けを求めようとも、そういやいないんだっけ、みたいな状況になってます(笑) ノンストップ陽菜。でも、だからこその彼女かな、とも思ったり。作者泣かせだけど……!
 今月中にもう1話上げたいと思っていましたが、それよりも来月に延期して2話同時の方が収まりが良い気もします。やっぱり内容膨らんじゃったよ。その気はなかったのに(泣) いいように遊ばれている気がする。



 地雷を踏んでしまったので、続きからバトン2つ答えております。ブログを持っている方はご注意下さい。 長いですよ(汗)

 ……予告していいのかって? ルールに書かれていないので(屁理屈)


 と、これだけではバトンを踏まれない方にはつまらなくなってしまうので、自分自身に突っ込みでも。

 最近、泰祐の小心者っぷり(褒め言葉)にはいい加減「ぬふぁ!(頭を抱える様)」ときたので、〝次回作を執筆出来るのならば……〟と言う題目でもしもを考えていたんですが……。

 ≪箇条書きにするとこんな感じ≫

 ○だったら格好良いオッサン書きたいです!(え?)
 ○そう、自ら肉体のみで突っ込んでゆくような豪快な……。十闘士の話が良いではないか!
 ○主人公は筋骨隆々、些細な事は気に掛けない、敵が来たらば高笑いしながら蹴散らすような……オッサン!
 ○しかしそうなると驚き役も必要だよなぁ……。んじゃ、弟子みたいな位置にモヤシでも持ってくっか。
 ○アグニモン(オヤジ)とヴォルフモン(弱虫泣き虫少年)子弟が織りなす、戦隊モノみたいな物語……。
 ○弱く、矮小で。自己嫌悪してばかりの小僧は、オヤジの背中をみて成長していくんです。
 ○しかしそのまっすぐさ故、オッサンは志半ばで命を落とす。その最後まで貫いた信念を一番近くで見、いつのまにか戦士として成長していた青年は、師の意志(スピリット)を受け継ぎスサノオモンへと……

 結局臆病者が主人公化しやがった。


 それともう一つ。次回作に男女3人の話でも……と考えたらば、3人中2人のパートナーが犬型でした。どんだけだ(ホントにな) しかもそのうち一人(男)はすぐ泣くっぽいです。あれか、私の脳内こんなんばっかか(何を今さら)



 ハンド裏話への拍手、ありがとうございました。一応は需要があったのか、とニヤリとしました(笑) 幸い。




検索フォーム


ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。